search this site:

ネットで獲得したおこづかいを記録していきます。ほんの少しでしょうが??【自分の備忘録です。】 このブログ名の名づけ親はnekomaro76さんです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画紹介~『リバティーン』

ろご 豚バナー
Plusone+Surf!豚の貯金箱さんリンク ←豚の貯金箱ランキングです!是非ぽちっとお願いします。




脚本の冒頭三行を読んで出演を即決した。-ジョニーデップ
『リバティーン』
2006年4月8日公開



17世紀のイギリスに実在した放蕩詩人、ロチェスター伯爵の壮絶な一生の記録。
彗星のごとく現れ、美しく燃え尽きていった男の人生を演じるのは、世界中を魅了し続けける稀代の人気俳優、ジョニー・デップ。
破天荒な才覚と突飛な性向で周囲を畏怖させ、『17世紀のロック』との呼び声高いセクシーな伝説の男を、デップが渾身の演技で魅せる。
共演は怪優、ジョン・マルコヴィッチ。演技派との呼び声高いサマンサ・モートン。 音楽に『ピアノ・レッスン』でも大変高い評価を得たマイケル・ナイマン。
最高のスタッフとキャストが集結し、王政復古時代の英国をスクリーンに見事再現した傑作!

著名人のコメント

*僕が女だったら、妊娠しますよコノ映画。   オダギリ ジョー(俳優)

*17世紀イギリスの世界観とジョニー・デップの怪演がすばらしい。
汚れてもかっこいいジョニー・デップ、ぐっときました。
あんな生き方、ある意味男の夢ですね。   小栗旬(俳優)



二人の名優がこれほど絶賛するジョニーデップの『リバティーン』ですが、ロチェスター伯爵は男からしたら実に羨ましい生き方をしたそうですね。
女好き、酒好き、ポルノ作家としても有名で、アルコールと梅毒が原因となり、33歳で死去したそうです。最後の梅毒というのも当時は女好きが原因?今ならそれでは死なないもんね!^O^
自由奔放な人生が垣間見えますね。是非見てみたい映画です。





ポチポチとよろしくお願いします!m(_ _)m
ランキング


スポンサーサイト

コメントの投稿

URL
コメント
パスワード
秘密
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://nobu1331.blog40.fc2.com/tb.php/85-099b24ce
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。